2019GWツーリング 3日目

Здравствуйте! キャンプツーリングでも雨を降らせた2回生アヲイです。

今回はGW3日目について書いて行こうと思います!

さて、ここで2回生の間でまことしやかに囁かれている噂が…。

それは、僕とMKT君が一緒にツーリングをすると雨が降るという話。

轍の個人記事に載っているツーリングより後のツーリングの記録(1時間以下の雨は含まない)

  • GWツー下見 雨2日 晴れ2日(内MKTが参加した日は晴れ1日 雨1日)
  • 唐津ツー 晴れ1日
  • 山陰ツー 雨1日  晴れ3日
  • 糸島ツー(リベンジ) 雨1日
  • 唐津ツー 晴れ1日
  • GWツー 晴れ2日 雨1日
  • キャンプツーリング 雨1日

入学してからトータルの結果は晴れ10日 雨13日

参考として日本の晴れと雨と曇りの日の割合は6:1:3らしいです。

(いやおかしいやろ)

 

今回も多分に漏れず3.4日目が雨という無慈悲な天気予報。BBSに書いた願いも届きませんでした。

というわけで、GWの数日前に雨の中1回生を連れて走るのは危険だというMKT君の勇断によって3日目は輪行して福岡まで帰ることが決定しました。3日目の夜に門司の青少年自然の家でする予定だったBBQは学研での焼肉に変更となりました。

 

さて、長門市から福岡に帰るには下関まで山陰本線で行くか、美祢線で帰るか、自走するかの3択があります。今までずっと先頭を引いてきて疲れた僕に200kmを自走で帰るという選択肢など存在しなかったのでゆっくり山陰本線で帰ることに!(乗り継ぎ悪すぎやろ。)

博多でGWの人の波に飲まれたりしながらも何とか16時前には家に着くことが出来ました。その後、夜に学研で集合してからお待ちかねの焼肉です!今までに消費したカロリーを補うためにただひたすらに肉を食べました。(食べるのに夢中で写真取るの忘れました。)

以上が今年のGWツーリングでした。本来4日あるところが雨により自転車で走れたのは実質2日となってしまいました。しかし、今回の旅でチャリの素晴らしさ(あと、輪行のすばらしさ)を知って貰えたのではないかと思います!今回GWツーリングに参加できなかった人も、これから機会があればぜひチャリでのツーリングと輪行を体験してみてください!

広告

RCS#3 修善寺ロード

日焼けの仕上がりが5月のそれではありません、平田です。

競技班を作ると決めた1年生のときから出場するつもりだった修善寺ロードが終わりました。結果は芳しくないですがレポートです。

クラス3 : 5km150up×10周

考えてたのは、いつものごとく前々に位置取りして時が来たら勝ち逃げに乗るor作ることです。

1周目、割と速いペースで周るが、そのまま10周行くわけないので落ち着いてこなす。2,3周目にかけて段々とペースも落ち着き、位置取りも安定しだす。できるだけ前で先頭の動きを見れる位置。

4周目(たぶん。5周目かも。)、6〜8人くらいの逃げ、というよりそこまで強烈なペースアップがあったわけでないが、スルスルっと抜け出した感じの集団ができる。途中何人かジャンプしようとしていたが、なんだかんだ1周くらいはずっと見える位置にあったし、残り距離、集団の人数、諸々考えても絶対捕まる逃げだと思ってやりすごす。結果論だけど、自分は現状の力ではここでジャンプして前に乗らないと勝てないレースだった。

で、5,6,7周目にかけて段々と差が開いていく。1分くらい。先頭集団は4人に落ち着く。自分的には7周目くらいまでには逃げ捕まって、残り2,3周のところで勝ち逃げ狙ったアタックするつもりだったけど、先頭交代だったりどこから本気で追走するしないの判断、ペース配分がまとまった様子がなく、集団のペースが上がらない。

逃げができてからは常に前から5人以内を意識して、先頭もそこそこ引いたつもり。レース中はできてるつもりだったけど、今思えばもっと上手くローテ回したりペース作れたらもっと良い追走できたかもしれない。下り下手くそすぎたし。たぶんめっちゃ迷惑だったろうから他の大学の選手ごめんなさい。

7周目くらいに逃げから1人ドロップ。集団の先頭取れば昇格できるようになった。それもあったのか8周目あたりから追走諦めムードが漂いだす。自分含め何人かは飛び出そうとするけど本格的な小集団になることもなく集団に戻るのを繰り返す。ここで飛び出そうとしたのはたぶん無駄足だった。ここで追いつかないと割り切って集団の先頭取るつもりで休むべきだった。

9周目は全員完全に流し。

10周目、先頭付近で走ってはいるが正直L6付近まで上がるときつい状況。あーやべー今いかれたらきついわラスト150mの登りスプリントの一発勝負じゃないと無理だわこれとか考えてたら残り3kmくらいのとこで一人がめっちゃキレよく飛び出す。決まりそうなアタックだったからまずいと思って踏んだが結局追いつけず。もう脚残ってないから残り1kmから他の選手が踏み倒してるの眺めながら敗北のゴール。

13位/75人出走 完走22人

昇格逃して今年のインカレと全日本はなくなりました。踏めてる感覚はあったし、集団の中でもかなり良い位置で積極的に走れたつもり。昇格できなかったのはレース展開のせいにしたいけど、結局見られるのはリザルトだけです。どんだけ積極的に動いたとしてもリザルトに残ってない以上、負けには変わりありませんし。

引き続き短時間高出力の絶対値を上げる意識を持ってトレーニング積んで、いっぱいレース出てレース勘を鍛えつつ、次のRCS、次のインカレこそは走れるように練習あるのみです。

次のレースは2週間後に地元の県総体です。

頑張ります。

平田

先輩方運転ありがとうございました!次こそは俺も免許持ってるはずなんで俺も運転します…

 

 

2019GWツーリング 2日目

更新が遅れて申し訳ないです。

2回生のアヲイです。

前回に引き続きGWツーリング2日目について書いていきます。

2日目は下関市吉母から長門市の青海島までの約80kmです。

最初に我々1班は本州最西端である毘沙ノ鼻に向かうことに。まぁ、海に出るだけだから平坦だろうと思っているとそこにはグロい斜度の坂が…。『クソやん。 』

朝ご飯もろくに食べていない体で何とか毘沙ノ鼻まで登って行きます。途中何台ものバイクが音で威嚇しながら横を抜いていきます。エンジンの偉大さを思い知らされながら走っていくとやっと毘沙ノ鼻にたどり着きました。

その後、コンビニでエネルギーをチャージしてから一路インスタ映えの地、角島へ!

道中アップダウンに幾度も苦しめられながらもなんとかお昼前に角島にたどり着きました。

ここで5回生EDHRさんの鶴の一声で角島へ行くことに!角島に着くと斜度7%の坂が待っていましたが毘沙ノ鼻までの坂に比べると雑魚でした。そして、角島中央部にある『 しおかぜの里』でお昼ごはんを頂きました。

ここではなんとワカメソフトなるものがあるではありませんか!

見た目はワカメの色。つぶつぶはワカメを細かく切ったものでしょうか?ちょっと硬かったです。味にはあまり期待せず食べてみると…。『 あれっ、ワカメ要素なくね?』味はまずメロン、後味は抹茶でした。まぁ、悪くはないと思います。知らんけど。

その後、角島から脱出しようとすると何と大渋滞…。何とか角島大橋から脱出し、次は青海島へ!途中、新山口から自走してきたINUEさんと油谷周辺で合流しました。仙崎で金子みすゞの洗礼を受けつつも到着しました。その後は夜に備えて買い出しに繰り出し、帰り道にある木村水産で夜ご飯を頂きました。お店の内装はとてもおしゃれで海を見ながらご飯を食べることが出来ます!干物がとても美味しかったです!

(突然の飯テロ)

そして、一番遅い班がホテルに到着した後に恒例の反省会が行われました。その場において、ある班の数名の所属サークルが変わり、回生が逆転するという謎の時空の歪みが確認されました。その後、ホテルのオーナーの主催する宴会に参加し、長い一日が終了しました。

 

以上がGWツーリング2日目でした。

2019新歓 唐津ツーリング

はじめまして!

つい先日まで幽霊部員を決め込んでいた2回生の春口です。

 

少し報告が遅くなりましたが、4月20日に新歓・唐津ツーリングを開催したので書きたいと思います。

今年度の参加者は38人!うち1回生は14人でした!

 

当日は朝9時に部室に集合し、班ごとに唐津へ向け出発。

風はあまりなく、気温もいい感じでサイクリングにはこの上ない天気でした!

 

虹ノ松原では毎年恒例の「唐津バーガー」を堪能

ところで唐津バーガーの唐津らしさって何なんですかね。

まあ、おいしかったので細かいことは気にしないことに…(笑)

 

唐津バーガーを食べた後は、鏡山に登る班と登らない班に再編成。

今年は半分以上の1回生が鏡山に登るとのことΣ(゚Д゚)

将来有望だなぁ…

集合写真を撮ったら再出発です!

 

鏡山の見晴台からは虹ノ松原が一望できました。

天気がいいので気持ちいですね~

グライダーに乗っている方もいらっしゃいました!!

 

鏡山下山後に唐津バーガー(仮)を食べた班もあったようです。

もう、バーガーだったらなんでもありになってますね…(^_^;)

この後は大学まで走って終了です!

 

唐津ツーリングに参加してくださった方、ありがとうございましたm(_ _)m

来年も楽しみですね!

GW後半まとめ 平田

5/2

帰福 夕方からバイト。

5/3

草場(6.5km150up)4周 120TSS

半年以上ガーミン使ってたのにこの日初めてラップごとのNPの表示の仕方学んだ。

279,268,269,278w

夕方からバイト。

5/4

1日中バイト。

5/5

糸島2周+草場3周 85km220TSS

井上さんと。足もげるかと思った。

285,246w 287,286,263w

5分くらいからは結構いい感じだけど、やっぱり5秒、10秒、30秒、1分あたりが全部弱い。引き続きウェイトしてパワーの絶対値上げていきたい。バンク練できたら一番いいはずだけど、できないものはしゃーなし。

夕方からバイト。

5/6

寝ぶっちしました。先輩方すいませんでした。

起床。一人で草場4周のつもりだったけど2周目から明らかに踏めず続けても意味ないと判断。切り上げて回復走。30km65TSS

今からバイト。

 

こんな感じです。

あと、GW中に『パワートレーニングバイブル』買って色々勉強中です。フランス語の勉強は全く進まないのにこういうのはスイスイ読めちゃいますよね。

もっと乗りたかったけど、これでも最終日のTSB−40だからもともとが雑魚すぎです。あとは最重要課題である短時間高出力能力とそのインターバル能力をなんとかしていきたいですね。

学校始まったらローラーで短時間もがいて心臓に刺激入れつつ疲労抜いて、週末は修善寺。競技班作るって決めた時から出たかったレース。なんとか昇格したい。頑張ります。

平田

あと、これ、ツーリング班と競技班、ブログ分けた方がよくないですか、、?

GWツーリング2019 1日目

初めまして、最近にわかに雨男ではないかと思い始めている2回生AOIです。

さて、今回の新歓GWツーリングは4/27~30の間(予定)で山口県は角島・長門方面に行ってきました!

今回は1日目の様子を書きたいと思います!

まず、伊都集合組は部室前に集まった後サンパレスまで移動。この時、先頭で走っていると猛烈な逆風が…。嫌な予感を感じながらもサンパレスに到着。

サンパレスで班わけをした後、それぞれの班ごとに記念写真を撮って出発 !ε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘

 

サンパレスから福間まではGWという事もあり長い渋滞。ストレスを感じながらもノロノロ走りました。

そして、地獄の津屋崎から道の駅 むなかたまでの道のり。風は常に逆風。下り坂でもスピードが全く乗らない。平地でも25kmを出すのがやっとの状況。思わず口からは『クソやん。 』の一言が。

そんな事を口走りつつやっとの思いで道の駅むなかたに到着!ここで待ちに待ったお昼の時間です。海鮮丼を頂きました。とても美味しかったです!

そして、これからは初日一番の見どころである鐘崎へ。先頭も朴に交代してもらい楽しいサイクリングをしていたら、間違った道に入ってしまいました。しかし、走って行くとなんと山の上に何か面白そうな神社が。

(角島より映えるんじゃね)

織幡神社という神社を見つけました。とりあえずチャリを置き本殿に向かいます。本殿まで登りきり、参拝した後に三回生Mさんがある事を言い出します。

「『 君〇名は。 』のラストシーンの階段と似てるんじゃね。」

そして撮影会が始まりました。イヤがる一回生を先輩の圧力で無理やり協力させて、何回かのM監督の細かい指導を受けた後撮影された一枚がこちらです。(パワハラはありませんでした。知らんけど)

その後は北九州ナンバーの車に怯えながら一目散に門司港まで向かいました。一通り門司港の観光をした後、早めの晩御飯タイム!門司港名物の焼きカレーの誘惑を断ち切り、山口県の名物瓦そばを頂きました。

そして、そこからは関門海峡の人道トンネルを通り、今回の宿泊場所である民宿立石までのラスト25kmを走りました。ラストの坂で1回生にスプリント勝負を仕掛けられたので負けじと爆走したりしながら、なんとか今日の宿に到着。

その後は全員で反省会を行いGWツー1日目は終了となりました。

GW前半まとめ 平田

4/27 RCS#1 琵琶湖クリテ

暴風。10m吹いてる。コース短縮もあって1.6×8周の12kmのクリテリウム。どうせスプリント勝てないから勝ち逃げに乗るor作るで逃げ切りで上位2位以内を狙る。

クラス3がどのレベルなのか分からなかったから最初は集団真ん中後ろくらいにいたけど、何周かしたら前上がれるな、ってなったので前に上がる。ペースも正直全然きつくない。コーナーで適切なギアで立ち上がれれば何も問題ない感じ。5周目、ホームストレートの暴風区間で風の影響で俺だけ横からあまり力使わずに抜けれる状況、先頭が牽制気味だったから、そのまま行って集団スプリントになるのを避けるためにちょいアタック。すぐ捕まってどうしよっかなって考えてたら横からカウンターで有力大学がアタック。反応遅れて追走、追いついたくらいで集団も追いついてきた。後ろの動き見ずにここで1人で追走したのは無駄だった。脚も結構きてしまった。ここからよく覚えてないけど、そこから3枚の勝ち逃げできて乗れず、追走もバラバラで結局追いつけずに300w耐久走して終わり。

もともと急遽参戦が決まった、しかも苦手なクリテだから勝てなかったこと自体は問題なし。むしろ学連レースの雰囲気を修善寺前に知れたので良しとする。

有力大学のアタック、勝ち逃げに対する反応がダメだった、もっと頭使って立ち回る重要性を再確認。無名大学の非力ザコが力でゴリ押せるわけない。タイミングを見逃さずに反応する必要がある。修善寺こそは。

4/28

前日に京都駅から福岡に帰らず、広島で途中下車。帰省する。

110km650up180TSS。

4/29

雨で乗れず。お世話になってるところでコラムカットとワイヤー調整お願いした。

4/30

110km650up200TSS。帰りにたまたまスピード合ったから2人で回した方が10個くらい上の高校先輩でビックリ。

5/1

高校の練習に参加。145km2500up320TSS。高校生のペースがぐちゃぐちゃすぎて謎のペースで登る。ペース配分教えつつ、逆にパワメに捉われない走りも思い出させてくれる。パワー値見て勝手に限界決めるのよくない。もう限界のパワー値だと思ってても、案外+30wしても耐えてる。次の練習からは限界だと思ってももっと踏んでいこう。

そんな感じのGW前半でした。後半は福岡戻って5連勤ですが、そのうち4日は夕方からなので午前中の時間使ってしっかり乗り込んでいきます。

あと10日で修善寺です。頑張ります。

平田