HSR九州ロードレース

またまたchuさんです。

2/26(日)に、熊本県のHonda Safe and Riding Plaza Kyushu(以下HSR)で開催された、ロードレースに参戦してきました。

コースは、オートポリスのド平坦バージョンで周回がもっと短い感じです。結構カーブもキツイ感じです。1周2.3kmを15周です。

九州の強豪(トップクラス)が集まるレースで、主に、鹿児島・熊本の方々と戦って来ました。あの有名な”マーク”さんも参戦されています。エントリーは44名です。

今回(毎回)のレースの目標は勿論「優勝」ですが、第二の目標として、最近は、同チームのとってもお強い方Eさんに勝つこと。ですが、何せ試験期間は自転車乗れませんし、試験後2週間ないぐらいでのレースでしたので、かなり焦りました。エントリーするかどうか悩んだぐらいです(;_;)

まぁうまいこと調子も取り戻せ、前よりちょっと強くなったか(?)ぐらいで参戦できたのでよかったです。まぁ、調子を取り戻すのに、試験とかレポートとか終わってのトレーニングは、「追い込んだ」まではありませんが、怠りませんでした。レース前日とか、「ゆっくりレースに向けて走ろう」とかいう話だったのですが、なぜか志賀島6周とかになるし、なぜか最終周だけスプリントになるし…(※これは真似してはいけません)

さて、レースについて。

今回はチームミーティングを行い、幸い今のVC Fukuokaは、「誰かを勝たせよう」作戦は存在しないし、存在しても絶対守らないようなメンバーばかりなので、このレースの上位独占を目指すことになりました。そりゃ、1位〜5位ぐらいまでチーム独占してたら、格好いいですよね!

レース開始後、チーム作戦通り2周ぐらい進みます。と、ここで3名程逃げのグループが出来て前に行ってしまいます。まぁ作戦の内なんですけど、前に居る選手が…アレ!!?「俺は行かねぇよ!」とミーティングで言ってた…SATOさん(本年よりJPT参戦の激強の方)!!
多分SATOさんのことですから、ミーティングで騙したとかではなく、レースの流れをよんでの行動だったのでしょうが…ありゃ!?!となったのは僕だけではなかったようですw

とりあえず、逃げを追う感じにしようと思いますが、鹿児島セカンドウィンドより阻止されます。マークさんが前に行っても、阻止されます。完全にセカンドウィンドは作戦が「勝たせる」思考だったようで。

結局3人集団と結構離れてしまい、第2集団である僕らは、殆ど1塊。大集団ですので、これはラストスプリント合戦となるわけです。(→ということは、足を残す為に、あまり引かない方がいいってことです)

ただ、前を引いたとき、譲っても、後ろの人が前に出ないんですよ(;´д`)勘弁してよ〜。。
まぁ「朝練」などに比べ強度はかなり低いので、辛くはなかったのですが…

さて読み通り、最終周はスプリントが始まります。僕は幸い後ろからその集団を見れたので、スプリントに反応できました。
前の2名程をさして、ゴールへ…ん??誰か僕の後ろにペッタリといます……

こういう時は、更にさされる可能性があるので、足をちょっと安め、それに備えます。
そのときチラッと後ろを見ると…同チームの超お強い方Eさん。
案の定抜かしてきましたが、反応できました!

…が…やはりそう簡単には勝てませんでした。

負けました。

結果は5位と、表彰台をまた逃し、悔しい結果となってしまいましたが……

……また次です!!

恋の浦程は落ち込んでませんが、やはりあの3人を逃したのは大きな失態だったと…反省です。。

広告