GWツーリング4日目

若杉や阿蘇の記事を書こうとしたらGW4日目を書いていなかったぞー!

北山です。4日目は下関から元祖ラーメン長浜家までです。

早朝は雨だったようですが、この日も晴れてくれました。やったー!

こどもの日はもう終わったので、先輩たちの鯉のぼりは全て2回生の松尾君に。

↑いっきに第三世代型へと進化した松尾。キマってますね。

1日目に通ったトンネルを通ります。1日目とは天気が違うので関門海峡大橋がなんだか新鮮に見えました。

(個人的なことですが、春休みツーリングで通った時も雨だったので。)

突破記念ということで先輩パシャリ。

↑あれ、それ僕のチャリなんですけどw

トンネルのあとは福岡市へ向けて激走。といっても一日目とは違い、小倉や北の海沿いのルートです。

GWで福岡県を反時計回りに走ったということになりますね。

小倉を過ぎたあたりにある若戸大橋は自転車は通れません。ということで市営渡船に乗ることに。

乗り場から見る若戸大橋も壮観でした。

↑あれだからそれ僕の(ry

↑渡船に乗る。尾道でもこんなの乗ったなー。いい雰囲気

↑ポン◯リングのようなオブジェとイケメソの図。オブジェよりも人の方が「潮風」って感じな件

お昼は道の駅宗像で。何食べたかは忘れましたw天気良かったのは覚えてますが。

この日は暑いくらいだったので、海沿いでは浜で遊ぶ家族連れが多かったです。

↑疲労困憊で昼寝中の新入生の図。やっぱ4日間もチャリで走るのはキツかったかな?

昼食&休憩を終え、一路博多へ。

30km/h前後のペースでゆったりと。

箱崎通過ついでに飛田先生を急遽召喚。

アポ無しの襲来にも関わらず、レーパン姿で出てきてくれました。さすが師匠。

そして元祖ラーメン長浜家へ。

元祖というのは、QUCC御用達のラーメン屋のことです。初めて行く新入生も多かったご様子。

↑front view

↑top view

↑side view

↑back view

どれだけ美味しいかはQUCCに入るかでもして直接聞いてください。中毒者多数です。

元祖で給油したついでに伊都キャンへ。伊都ではゴールテープ(という名のトイレットペーパー)が用意されていました。

ゴール!!4日間よく頑張った!!おめでとう!

全員到着後は部室棟下で打ち上げ。

ツーリングの感想・思い出などを語りながら夕食。本当に美味しかったです。

やっぱり達成感は大事だと思います。

新入生も、「キツかったけどやり遂げた」という気持ちがあったと思いますが、それを大事にしていって欲しいです。

お疲れ様でした!

広告

GWツーリング3日目

また北山です。前回の続きです。

秋吉台を攻略した我らQUCCは萩で2泊目を終えました。

今回の3日目は萩~下関区間を走ります。

出発前にパシャリ。↓

「目立った峠もなく、100kmちょい(だったかな?)とか余裕っす^^」
とか思ってました。この時は。まさかあんなに風が強いなんて。

この日も天気がいい。インナーを着てたら暑いくらい。日焼け止め持って来ればよかったかな。
宿舎を出てしばらくは萩の町並みを見ながら走る。(前日は夜になってから到着したので、まったく観光できてなかった。)

萩を出て最初の登りで、自分の班の溝部さんがメカトラで後退。
その後、あとから来る班に合流したそうです。

そこからはずっと海沿い。海岸線といってもやはり山口。細かなアップダウンが続く。
新入生のペースだからこそ楽だったけど、普段のペースだったらキツかったかも。


↑思ったより道が広かった。快走。

でもここからが大変。特牛(こっとい)に入る前30kmくらいがものすごい向かい風。
新入生も千切れだす。
しかもまたまた70mくらいのアップダウン。新入生にはキツかったか。
登りで先行して頂上で写真を撮ろうと後ろを向くと

え?田中(2)!?まじかよこいつ結構登り強いの!?

新入部員高橋と森(2)到着。表情の差がwwこの光景が見たかった。
新入生にはぜひ死ぬほど辛い経験をしてほしい!w

風に耐えたら、来ました!角島!写真でしか見たことがなかったけど、綺麗!


↑車多いよ!^q^

この日はGWまっただ中。そりゃぁ車多いですよね。横風も強いとのことで、新入生には危険と判断。角島へ渡ることはおあずけ。とりあえず近くの道の駅で昼食。
ふく天丼を食べたんだけど、ここらはふぐが有名なのか?関西人にはわかりませんw

ちょっと遅目の昼食の後は本日の宿、下関へ。さよなら角島!
下関市までひたすら海沿いを走る。

下関ではお好み焼きを食べました。広島出身の高橋くんに鉄板フェイズを全てやってもらいました。さすが広島。場数が違った。
そして本日のお宿、火の山YHへ。角島から50kmでした。
お疲れ様でした!

西へ。

どーも、掲示板では華麗にスルーされ実は凹んでいたガラスのハート5回生の森本です

GWツーリングの記事がアップされているようですが空気読まずに同時期に密かに挑んだGWロングライドについて書いていこうと思います。存在感出さないとね

 

休みが取れれば新歓ツーリングの方にも参加しようかと思っていたんですけどね

中2日しか休みがもらえませんでしたのでチャリ部とは真逆の方向へ走ってきました

目的地は佐世保のさらに先、本土最西端の岬

そう、GWは”ゴールデンウィーク”じゃない、”Go West”だったのさ

 

メンバーは自分と知り合いのSalvare039さんの2人

そもそも最西端訪問は彼たっての希望でしてね、自分は道中の佐世保バーガー目当てです

 

出発は5/4早朝、3:30頃 早すぎ(笑)

でも久しぶりのロングライド、どれだけ時間がかかるかわかりませんからね

 

準備を整えて、いざ西へ!…行かずにまずは東の天神へ

ロングライドのスタート地点は「とらのあな」、これは彼の絶対的ルールのようです

というわけで静まり返った天神、とらのあな前で写真を撮ってTwitterにスタート報告

(自分はその様子を見てるだけ。スマホすげぇ、これが先進のモバイルITってやつか)

 

「それじゃあ行きますか、西へ」の声で始まったロングライド

早朝だけに交通量も少なく、202号を快調に進みます

風も強くなくまさに快速列車状態。寝てない割に気分もいい

 

今回最大の不安要素は自分が昨年夏からまともに自転車漕いでないこと

正直走りきれる気がしないが、チャリ部で鍛えた「どうにかなるさ」の精神で臨む

「考えたってわかんないよ!直球勝負だ!」ってマー◯さんも言ってたしね

 

それにしても、速い、速いよ…Salvare039さん…

これから長距離を走ろうとする人のスピードじゃないよ

 

あっという間に唐津を過ぎ伊万里へ突入

途中、川に鯉のぼりがかかってるのを見つけたのでストップ・休憩

新歓ツーリング中も各地でこういう光景を見れますよね

ちなみにこの時点の天候は小雨

いまいち上がらない気温と相まってちと寒かったです

 

さて、チャリ部が下関の宿で目を覚ました頃、こっちは松浦市に入りました

ここで自分の限界が来たのでコンビニで休憩(早いw)

道中の軽いアップダウンで前とあいた距離を詰めようと踏み込んだら両脚つりかけました

この時点で走行距離94km超なのですが、アベレージは驚愕の29.8km/h

だからロングライドのペースじゃないってこれ…

ストレッチとレッドブルチャージを行なって再発進

 

この後は往路で唯一の登り。自分はすかさず遅れます

とても昨年8月末長野での自分と同一人物とは思えませんね(笑

Salvare039さん先導のまま後ろについたり離れたりを繰り返しつつ

とっくに脚が売り切れた状態でついに本土最西端の標識を発見!

テンションが上がる!スピードは全然上がらないけどね!

 

そしてついに!ようやく!目的地である本土最西端・神崎鼻岬に到着!

約5時間半、距離130kmほどを駆け抜け辿り着くあの瞬間は感動的ですねぇ

新歓ツーリングに参加した新入生も味わうことができたのではないでしょうか?

 

この岬、公園になっていて、丁度最西端のポイントには思ったより小さな石碑が建ってます

裸足だと一面健康サンダル状態で痛気持ちいいです

*ビンディングシューズで歩くには非常に危険ですのでご注意ください

 

いい加減みなさん気になってしょうがないと思うので、そろそろ彼の自転車のことに触れましょうか

上の写真左の黒くてやたら攻撃的なフォルムをしているのがSalvare039さんの愛車

所謂TT(タイムトライアル)バイクというもので、コンマ1秒を削る為に

空力性能を追い求めたロードバイクの中でも特にスピードに特化した特殊な自転車です

なおかつ近年密かにブームになりつつある痛チャリです

(個性的過ぎてもうどこからツッコんでいいのやら)

 

彼の独自理論によるとTTバイクはロングライドに最適だそうな

空気抵抗低減はロングライドでは体力の温存に効果大!

バトンホイールとディスクホイールはスポーク折れといった重大なトラブルとは無縁!!

さらには盤面にて微笑む嫁の応援パワーがエネルギーとなりその性能は500%増し!!!(当社独自調べ)

 

らしいですよ。新入生も最初の1台にTTバイク選んでみてはどうでしょう?

ちなみこの自転車、サーヴェロのP痛というそうです(誤変換じゃないよw詳しくはMyBikeで検索してみてね)

 

話を戻しますね

この公園の近くの漁港ではなんと「最西端訪問証明書」なるものが発行してもらえます

いい記念品になりますよ。ここを訪れたら是非もらっておきましょう

 

これにてGWロングライドも終わり…、じゃなーい!!

先人は言いました、「家に帰るまでがロングライドである」と

なのでここから戻ります。もちろん佐世保によってバーガー食べてからだけどね

佐世保バーガーはやはり格が違いますね。最高!

 

バーガーでエネルギー補給もできたので福岡目指して帰ります

往路はなるべくアップダウンを避けて迂回してきたのですが

自分にはもう長距離を走る体力も気力もありません

なので復路は地図上で真っ直ぐ最短距離を行きます

(この真っ直ぐ行こうとするのが自分の悪い癖です。最短距離というのは得てして山越えなのですから…)

 

というわけで佐世保出てすぐに国見峠に突入&即撃沈

全く登れない…とてもじゃないが昨年8月末(ry

B級映画のゾンビばりのトロさでなんとか峠をクリアしました

ちなみにSalvare039さんは未だ元気です

ま、高いところは決まって景色がいいですね

ヒルクライム好きな人はこんな景色を見るのが好きな人が多いんじゃないですかね?

 

峠を下り切ればあとは往路と同じコース

もう完全に”終わっている”自分は20km/hでトロトロ進みます

彼はまだ余裕そう。パネェっす

 

復路は周りに意識を向けたり何か考える気力もなくただただ漕ぎました

正直キツい以外の記憶がありません

しかし、たとえ疲労困憊でも、遅くても、走れてしまうのが自転車の素晴らしさ

そしてQUCCでの数々の経験で鍛えられたギリギリのところで折れない心が脚を動かします

最後は絶望的な状態を切り抜ける素敵な呪文「もうどうにでもな~れ」を唱えながらなんとか無事に福岡の我が居城(アパート)に帰り着きました

帰るなり着の身着のままの状態でベッドに突っ伏し爆睡したのは言うまでもありません…

Salvare039さんのゴールした第一声は「あと100kmは行ける」でした。

なんということでしょう…

 

今回の最西端訪問ロングライド

走行距離257km、走行時間9時間53分、平均速度26km/hという結果でした

まだスポーツとしての自転車不慣れな新入生にとってはとんでもない距離だとは思いますが、安心してください

 

自分にとってもとんでもない距離です

 

しかし案外なんとかなるものです。無謀のようなことでも諦めなければなんとかなるというイイハナシダナー風に締めくくって終わりにしたいと思います

(完全にまとめ投げちゃってますね)

練習もといツーリング

どうも投稿二回目の二回生松尾です

先日、マスター西尾さんと竹内プロデュースの北山ダム練習会がありました

当初の予定では長野越えて北山ダムで周回コースを走った後、三瀬を越えて戻ってくるっていう予定だったのですが、、、

ていうか練習会に一回生がこんなに集まるなんて正直びっくりΣ

出発前に一回生に調子どう?みたいな感じで聞いたら

いや〜、楽しみですねぇー。

とのこと。ここで写真を一枚

みんなまだ余裕の笑顔ですね。これが最後にはどうなるのか

このあと出発前に急遽たまたまきていた大藤君が参戦!

しかしロードはもう全部貸しだしている。目の前にはママチャリが一台。

この二つの符号が紡ぎだす答えは、、、

ということでなんと竹内がママチャリで行くことにw

長野にママチャリとかパないっす

@長野入り口

これから途中でなぜかアタック等が入り写真をとる余裕がありませんでした。

最初はゆっくり行ってたのに、てかめっちゃキツイ

そして間もなく峠頂上

自分たちが早めについて次に誰がくるか待ってると

え、、、!

ママチャリで竹内登場!!スプリントしてきたwママチャリギシギシいってるw

それに遅れて続々と到着

みんなちょっとお疲れの様子、、、。?

それで最初に書きましたが、本当はこの後向こうに下って北山ダムの予定だったのですが

予定変更で白糸の滝へ行くことにb

ちょっと心配でしたが、もう流しそうめんをやっていたのでお昼時ということもあり

みんなでそうめんを食べることに

それから適当に滝をみて一息ついてから集合写真

思わずピースの河野くん

ママチャリまでも乗りこなすマスターの図

終わってみると練習というよりツーリングだった訳ですが、まぁ楽しかったらみんな幸せということで

こういうのもありだと思いました。でも先に北山ダムに行ってもらってた森とdis山にはすまぬ

またなんかこういう感じの企画すると思うので、そのときはよろしくお願いします

また、改めて今回企画してくださった、西尾さん、竹内本当にありがとうございました。

 

 

 

さーて次回のツーリングは

1、長野、坂本、三瀬etcの峠ツアー

2、海岸線でスプリントが止まらない!

3、バーガー求めて200km

の三本(未定)でーす。

それじゃあー

まじで1はありなんじゃないかと

GWツーリング 1日目&2日目

今年の新歓は山口に決まりました。九州じゃありません。今年のオリジナルです。しばし叩かれていた地ですが、今や巻き返しの時です。
登りがお好き?結構。ではますます好きになりますよ。んああ仰らないで。どうぞ(ペダルを)回してみて下さい、いい重力でしょう。余裕の坂だ、傾斜が違いますよ。

お久しぶりです。最近とある事情で部室に入り浸っている3回生北山です。5月3日~6日にGW新歓ツーリングということで山口に行ってきました。

1日目は雨。班ごとにルートは違ったので、とりあえず自分のルートを書いていきます。僕のルートはチャリ部内で悪名高い「ヘヴンコース」というコースです。

出発時間はチャリ部にかけられた永続魔法、「チャリ部時間」を発動して30分遅れ。しかもホームの箱崎で道に迷うという・・・
なんだかんだで八木山峠を攻略して筑豊経由で北九州に向かう。お昼は飯塚で。

午後はいよいよヘヴンの様相。平尾台。
おとなしく門司に向かってたらよかったものの、なんで山があったら登りたくなるんでしょうねw
平尾台は思ったほど傾斜はきつくなかった。(楽でもないけれど。)
後輩A立のアタックをしっかりつぶし(?)ようやく頂上へ。
でもこの日は濃霧でした。何にも見えない・・・↓

この写真を撮った後さらに霧がひどくなり、下りで後ろに後輩がついてきているのかもわからない状態w

濃霧のDHの後はぶらぶら小倉を通ってカップルだらけの異空間、門司へ。

門司では焼カレーを食べました。

この日はこれで終わりです。お疲れ様でした。

2日目。下関~萩 区間
宿舎にて。さすがにこれだけそろうと壮観ですね。↓

一路歴史の町萩へ。
途中の坂で新入生が千切れだす。経験の有無で全然違うんだなぁと感じる。
3年前の自分を見ているようです。
でもここで甘やかすようなことはせず、アタッk・・・いえ、ペースアップ。
↓新入生。がんばれー

新入生をちぎり、車までもぶっちぎるT田氏(違)。↓

いくつもの細かいアップダウンを乗り越えると本日の目玉、秋吉台!

この日は晴れなので心地よかったです!

秋芳洞まで観光してたら夕暮れに。
夜間走行はできるだけ避けたかったので新入生の足に鞭打って萩に向かいます。
新入生は下りがあまり得意ではなかったのかな?
下りはゆっくり、登りもゆっくり。というか新入生は足が死んでいたようで。

新入生も粘ってくれて萩YHに到着。この日は終わりです。
お疲れ様でした!

天草ツーリング

もう5回生になってしまった永田です。

新歓ツーリングが終わった直後ですが空気を読まずに春休みのツーリングについて投稿させていただきます。

春休みを利用して僕らが敬愛してやまない6回生のカツーさんの根城である天草にお邪魔してきました。(忙しそうだったのにありがとうございました。)

さて、出発するも4年生の間はまともに自転車に乗らなかったため、巡航速度が遅いこと遅いこと。一人だし、何度も通ったことのある道なので写真もあまり撮っていないのにひたすら遅い。全盛期の頃(1回生の夏休み)はもっと重い荷物背負っていても余裕だったなぁ…

4年間QUCCで走ってきて初めて小栗峠がきついと思いました。きっと明るかったからに違いない。

この後は下って熊本の祖父母宅で宿泊。2人とも元気そうで安心しました。

そして翌日、流刑地天草へと赴きます。

走っていても左側に線路、右側に海以外何もない道が続きます。

そしてこの頃、夜中走っていたあbmyさんは既に到着していたらしい。あんなに重いMTBなのに速すぎです…

しばらく走っていると天草の松島というところにたどり着く。いい眺め。海は綺麗でした。

まだまだ先は長い。なぜなら天草といっても北西の苓北がゴールなのだ。この時輪行袋の存在を思い出すが、線路など存在しない。あるのは高速道路だけ。仕方なく走りだす。

道の駅有明で休憩。良い感じに陽が傾いてきた。

このペースなら天草灘に沈む夕陽が拝めるかもしれないと思い、少し力が湧く。

そして本渡到着!残すはあと25kmほどだ!

だが、ここで道を間違えるという失態を犯す。ループ橋を渡って本渡に入ったため、北方向に進むはずが南方向に進んでいた…5kmほど走ったところで、日差しが右側に存在していることに気づき、逆方向に進んでいることに気付きました。

あまりにも到着が遅いため、カツーさんたちが車で通詞島付近まで迎えに来てくださるらしい。この時点で日はほとんど沈んでしまいました。

そしてこの20分後くらいにコンビニで待っていたカツーさん、あbmyさんに回収されました。自分がボロ雑巾になったみたいでした。

通詞島にある温泉に入り、焼肉を食べに行きました。あんなに美味しい焼肉屋はあbmyさんに連れて行ってもらったお店以来でした。(天草に行く10日くらい前w)

そしてカツーさん宅に到着。広いお部屋でした。翌日は近くのトレイルに行くことになり、タイヤ交換など済ませて就寝。

そして翌日

久々の楽しいトレイルライドでした。登りは根性がいりますが。

帰った後は3人でなんとかテストを受けました。わけわからん問題ばかりでした。

夕食はカツーさんに鍋を作っていただきました。久々のカツーさんお手製鍋はとても美味しかったです。

翌日帰福しましたが、夕方から用事があったので魔法の絨毯をあbmyさんと共に使用。

とても辛かったですが久々のツーリングができて楽しかったですね。

そういえば天草灘に沈む夕陽を撮影していないことを思い出しました。そのうちリベンジしたいと思います。カツーさん、その時はまたよろしくお願いいたししますw

下級生の皆さんは時間がたくさんあるうちに自転車を単なる移動手段としてではなく、色々な楽しみ方をそれぞれ見つけていって欲しいと思います。

そしてブログに投稿したり、飲み会で話を聞かせてくれると嬉しいです。