T×T

どうもお久しぶり、ライダーかつライターのmymです。まだ夏休みボケが若干抜けていない状態ですが、

ある程度は回復してきました。あとはこれからの寒い季節に活躍する「お布団」からいかに脱出するかが鍵になると思います

まぁ第一宇宙速度の速さで出れば脱出できるんじゃね?w などの冗談はさておき、今回はQUCC創立以来毎年行われている、

「福岡鹿児島タイムトライアル」について書きたいと思います。このレースの概略を説明すると

土曜の夜から福岡を出発し、6つのチェックポイントを経て日曜の昼前後に鹿児島に到着する310㌔耐久レースです。

え、移動手段ですか?もちろん自転車ですよ?ww すべて人力ですww

自転車は各自が持っている自転車で、ロードバイクが主ですね。あとはクロスバイクやMTBですね。

過去の経歴をみるとママチャリで完走された方もいるそうで、ちょっと僕には理解できませんでした\(^o^)/

さて今年のTTですが、例年通りロードバイクの参加者が多かったですね。あとはクロスバイクにMTBがお一人いらっしゃいました

チームは21:00、22:00,23:00,23:30,24:00の計5チームでスタートして、24時以外は途中まではチームで走行

という決まりになっております。

自分は3年生と言うことで運営として22時組選手のサポートに当たりました。

20時半過ぎにサンパレスに到着すると、21時組走者が先に到着していて、楽しそうに談笑していました。

クックック…これからきつくて精神的に死ねるレースを目前にしているのに…クックック…と内心笑っていましたww

上は21時組、下は22時組ですね。真ん中の運営の人も元気いっぱい(?)のようです!

さて、22時組が福岡を出発したと同時に、われわれサポートバンも1つ目のチェックポイントに向かいます。

1つ目のチェックポイントは小栗峠。福岡県と熊本県の県境に存在する道の駅にあります。先回りしてCPに到着すると

大きな先輩が誘導灯として光るソードを手にして振っていらっしゃったww わかりやすいしはっちゃけてる先輩がおもしろいww(写真撮ってないのが悔やまれる…)

やっぱわれわれQUCCメンバーはこういつまでも童心を忘れてはいけないんだと思いました。 それはさておき、最初に出発した21時組の到着

今年はまだ気温が暖かい日だったけど、やはりじっとしていると寒かったでしたね。21時のサポートが慌ただしく走者にスープやおにぎりといった補給食を渡していました

あまり休憩を取りすぎると体が冷えちゃうので補給等がすんだらさっさと次の目的地に向かっていましたw あー忙しい忙しい!

21時組の走者とサポートバンを見送って、我々の22時組待機…だいたい30分くらいしてから22時組が来たと思います

21時組のタイム差はだいたい50分でそこまで縮んでいなかったので、こちらも最低限補給が出来たら

さっさと走者達は小栗峠を出発しました。(写真撮ってませんでしたゴメンナサイ)

片付けが終わり次第、自分達もつぎのCP、熊本を目指しました。

次の熊本までは福岡からおよそ100㌔強の地点で私の母校の近くの三叉路がポイントです。

(ちなみに熊本での写真はこれだけw サポートも忙しいんです//)

たしかこのときには22時の1年生走者が今にも死にそうな顔で到着してたなww

力配分を間違えるとこうなっちゃうものです。TTの恐ろしいところですね、地獄沼に似たものを感じます。

確かこのときも時間差50分で22時組は出発してたと思います

次のCPは八代。毎年コンビニの駐車場で休息ポイントとして利用しています。

22時サポートが到着してすぐに21時走者も八代入りした感じですね(八代もこの写真のみorz)

そして21時組が実に良いペースで走るので22時組が追いつけないww まだ疲れを感じさせない涼しげな顔をしていたかな。

それに対して22時組は疲れのかげりが…いや、きっと先輩方ならやってくれる…と僕は信じていましたよっと(キリッ

そしてこのときにはもうすでに24時組が熊本を出て八代に向かっていたと聞いて正直引いた…

次のCPは水俣。この八代~水俣には三太郎峠というちょっとした坂があるのですが、最後にはなかなか堪える登り坂も待っています

初めて走る1年生はけっこう体力削られたと思うのですが、上回生はさすがに余裕でしょうw

と、今まで通り一番乗りしてきた21時組のサポートに当たっていると一人だけこちらに向かってくる?!

あれれー?この人22時組にはいなかったぞぉー…24時組じゃねぇかww なんと先の区間で22時組までも追い抜いて、1番ノリで水俣に到着してきましたww

ほんとchu恐ろしい。まだ機材的な意味でも伸び白があるってホントに怖い()

この水俣に走者が集中して、気づいたら10人以上の走者がなだれ込んでいててんやわんやw 警察の方、朝早くからごめんなさい

前回の覇者、マスター様も彼には苦労させられていたようです。盛者必衰の理を表すとはこのことのようです。

だけど練習時間が殆ど無いのにここまで走られるなんてホント信じられませんね。マスターはやっぱ神だww

ここからはチームが再編成・解体され、サポートバンも臨機応変に行動しなければなりません。

つまりあれですよ。写真撮る暇なんてねーよwwwってことです。ごめんねっ☆

この写真はもう串木野ですね。阿久根(´・ω・)カワイソスww とりあえず、誰かさんが爆走するから時間が無かったんだよ!

結局彼は最後まで逃げ切って独走ゴールしたらしい。目標のタイムに届かなかったとはいえそれにしてもよく頑張ってくれたよ。

並大抵の人間には出来ないことです。他の走者も続々とゴールして長い戦いとの終止符を打ってくれました。

リタイア無く、走者全員が無事完走してくれたことは運営としては大変良かったと思います。

このTTを通して達成感・一体感などを味わえてもらえたら僕としてもうれしい限りです。

その後の打ち上げでは焼き肉屋でお食事会が開かれました

食べ放題とあってか、みんな序盤から食べる食べるw 僕はついて行けなかったです…

ハプニングもありましたが表彰も終わり、我々が運営するTTは無事閉幕。

その日の内にバンに荷物を積んで福岡へと帰りました。

運営を今年やってみての感想はやはり「難しい」の一言ですね

参加者がスムーズに行動できるようにあらかじめ計画を練って、当日のイレギュラーな問題もその場で対処しつつ

成功におさめてきた先輩方は素晴らしいですね。

私なんか遠く及ばない存在ではありますが、自分なりには何が必要か?今何すべきか?等を

自分なりに考え、自分なりに最適解を模索して行動したつもりではありますが。

何はともあれ、皆さんお疲れ様でした!

 

ずいぶんはしょりつつ大まかに書いていきました。写真の素材も不足していたので

伝わりにくい点が多々あったと思いますがご了承ください。

これで一通り運営も終了かな。それと同時に私が執筆するのも終わりが近づいているんでしょうかね。

いや、ホントに日本語力のない、薄っぺらいブログで申し訳なかったです。

皆さんに自分が体験したことが少しでも伝えられたらそれだけでも幸いです。

これからは後継者を見つける旅にでも出ましょうか?ww

とりあえず今回はこれでおしまい また会う日まで。

 

追記

水俣でのお話ですが、更新前の記事ではchuが先に到着したとの記事でしたが、

実際は21時組がタッチの差で先に到着していたそうです。公式タイムを使わず、記憶をたどって記事を書いてました。

21時組のみなさん、chuさん失礼いたしました(あの時間は頭がパンクしてたんだよ!!)。

広告

/^o^\フッジッサーンツーリング 終わり

8月24日 午前2時30分
「みなさんおはようございます!」
元祖室のおにいさんの元気な挨拶で体を起こす

というか昨晩は午後8時から布団に入ったものの、
いろいろとあって結局1時間半ぐらいしか寝られなかった\(^o^)/
しかし玄関の向こうの外を見てみると、たくさんの人が頂上目指して歩いていて、
元祖室の宿泊者の多くが外に出る準備をしていた。

自分たちもウインドブレーカーを羽織ったり、残りの食料で腹ごしらえをして
いざ外へ!…って寒ィィィィィィィィィィィィ!!!!!!
あれ、まだ8月だよね?何この寒さあり得NEEEEEEEEEE!!!!!!
ガクガクブルブル震えながら1年生とともに暗い夜道を登っていった
(後日家に帰って気象庁のdateから調べたのですが、
その日の富士山の最低気温は2度だったwww)

暗い夜道とはいえ、ヘッドライトを装着した観光客でごった返しているので
そんなに怖いわけではありませんでした。
相変わらずの寒さで軍手1枚では流石に限界がありましたね
さらに上を見上げてみても米粒程度の人間が
登っていて、あんだけ登ってもまだ頂上じゃないのか…と。
まぁ弱音を吐いていても上には登れないのでここはひたすら我慢

一分一秒がとても長く感じられ、ただひたすらに登っていく簡単な作業。
ときたま「な~んで俺富士山登ってんだろ?」って自問自答してましたね
あまりに暇すぎて・・・

と上のほうからガイドさんが大きな声で

「みなさーん、頂上まであと少しですよー!がんばってくださいー!」

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!

あと少しだと?!頂上がどこかよくわからんが
後もう少しなら日の出に間に合うぞおおおおおお!!!!!!

それから”20分”でつきました

20分で後ちょっとね、まぁわかるよ。つかれきった観光客を励ますために
本来多少で表現すべきところをわざと後ちょっとって言う気持ち
でもその言葉を信じた人間がどれだけ失望するか知ってるか?
まぁ無事に日の出前に着いたからいいやw

4時半前には到着して、到着寸前あたりから空が少しずつ明るくなってたと思う
夜はフラッシュ撮影とかしたくなかったから撮影してなかったけど、
このころから撮影し始めたかな




あと少しで日の出ってとこで改めて周りを見渡すと

うわっ、人多いなぁ。こんなに人いると富士山の趣がなくなるっていうか…
なんか残念だなと思うのは僕だけでしょうか、でしょうね!この引きこもり!

そんなこんなで時刻は5時13分富士山にてご来光





疲れ気味だった1年生も一気に吹っ飛んで達成感で溢れていたね

そして自分も記念に1年に撮っていただきました

(コナン声で)あれれー、おっかしいなー!かっこよく見えるよ~?

これがイケメン補正か…って思ったけど顔映ってないから
イケメンも何もそんなんわからんじゃんって考えを改めた
とりあえず、俺はおっさんだ(キリッ

それにしても神秘的な世界。


写真を見てると時間が止まっているように感じる
今だけは…アインシュタインに文句を言いたい気分。
時間は絶対的じゃないから…おっとここまでだ

だいたい2時間くらい滞在して、途中で勝手に下山するメンバーも居て、
結局3部隊で分かれて下山。
この頃になると、日の光で体もぽかぽか温まり
順調に下山していくだけなんですが…
なんなんだこの距離、どこまで続くんだ???

これだと写真が小さくなってるからわかりにくいけど
何回もつづら折りになっていて、針の先ぐらいの小ささの
人が遙か彼方に見えるんですよ。もうね…\(^o^)/
とりあえずひたすら下っていくだけなんだけど、
道が砂利道かつ、上りに比べて急斜面になってるから
スニーカーで下ってると転びそうになったり、砂利が靴の中に入ってきたりと
もうだめ出し食らってる気分だったw




それでもいつかは終わりが来るわけでありまして、
下っていると山と森の隙間から見える5合目の休憩所が
徐々に大きく見えてきて、この富士山ツーリングの終わりが近づいてくる
そんなときに急になんか物寂しく思ってしまうんですよ
と同時に「きつかったことがほとんどだったけど、
素晴らしい景色や人が持っている暖かさなど
かけがえのないものをたくさん得る素晴らしい旅だった」と。
途中なにしてんだろって思ってしまった自分が憎かったですね

っていろいろと思いを巡らせていると

無事に5合目休憩所に到着!
先に着いていた1年生と合流して解散式
最年長の参加者だった自分が軽くまとめて
手一本で締めました いやぁ、素晴らしかった!

みんなで一緒に富士山を下って、河口湖のユースホステルの
山道荘でその日に帰る人は身支度をして帰る準備
あと、富士山頂上で買った国旗に2011年の富士ツー参加者で
寄せ書きを書きました。自分は「履修完了!」って書いたかな?w

自分はその日に18切符を使って帰る人だったので
支度ができ還る前に短い間ではあったがお世話になった
山道荘の老夫婦にご挨拶にいきました
・お世話になりました
・寄せ書きを掛けていただきたい
・来年も後輩達がお世話になります
と言った内容だったかな。こう言うのは年長が率先して言っとかないと(キリッ
というより、1年生が軽く挨拶程度で帰りそうで心配だったしwww
おじいさんも元気に「来年の人たちも迎えるために頑張って長生きします」
とおっしゃっていて涙が出そうになりました。
これからも長生きされて是非我々QUCCを温かく迎えていただきたいですね。
そしておばあさんからもらった梅干しは酸っぱく、そしてどこか甘くて…
いや、何もフラグは立ててませんよwww 単純においしかったですw

老夫婦に別れを告げて自分は河口湖駅から輪行して
御殿場駅にバスで移動! てかバス輪行できるとかマジで
ありがたかったです 富士急行さんありがとう!

そして御殿場駅から電車で引き続きひたすら鈍行の旅。

1日目は姫路駅で終電。そこから近くのマックで
3時間耐久読書にて睡眠を避け、5時半の始発の電車で
岡山→下関→小倉→博多→周船寺
で無事に富士山ツーリング終了!

18切符を見せて改札をくぐって自転車を組み立ててると
おじさんにどこ行ってきたのと声を掛けられたので
富士山ツーリングの説明をしたら、おじさんにほめられたw

十日ちょっとの短い旅ではあったけど、
ホントに一生に残る思い出になったなと
感慨深く思いつつ、自宅に帰りました

と、ざっとこんなカンジです。旅の始まる直前は旅に出たくなくて
友達の家に引きこもりたいとか思っていたけど、
終わってみればやっぱりバイトをたくさん休んでまで
いった甲斐があったと思います 普通の人間はこんなことしないしね
旅行に行くのもいいけど、やっぱり旅のほうが楽しい。
自分の脚で目的地まで向かい、自分の脚で町を探索し、自分の脚でさらに進む。
自転車って実に素晴らしい移動手段ですね。
エンジンを手に入れた自分がいえた口じゃありませんがw

最初は金属疲労でツーリングが危ぶまれたLEMONDだったけど
最後まで主なメカトラブルなしで旅してくれてありがとう!

(この写真を選んだのは特に意味はない)

最後にこんな糞記事を読んでくれてどうもありがとう
支離滅裂な日本語を淡々と読まさせるのは心苦しかったんですが
まぁこれで終わりなんでご容赦ください
皆さんも旅行もいいですが、“旅”をされてみてはいかがでしょうか?
http://bit.ly/pX7Zec
それでは実家帰ったときとか旅先とかでまた会う日まで

追記1
実験結果:富士山頂でもポテチは爆発しない!!!

追記2
昨日日記に貼り忘れていましたのでこっちで貼りますよ

あー、きもかっけぇwww

追記3
何か旅に関する質問とかあったら受け付けます
(過度な期待はしないでください)

追記4
なんか書きたいことあった気がするけど思い出せないのでもういいや
あと9時間もしたら学校が始まるぞ!
よい子のみんなはもう寝ような!(<ゝω・)☆彡

以上
さようなら僕の大学3年生の夏休み。

糸冬
——————–
制作・著作 mym

/^o^\フッジッサーンツーリング 富士山5合目~元祖室

さて旅の続きを
13時くらいに登頂開始!

入口はいって吉田登山口入口にてみんなで記念撮影(おじさんに撮っていただきました)

全体を通して緩い傾斜なので登山はその傾斜をひたすら根性で登っていくカンジですね

たまにはきつい傾斜で手を使って登るとこもありましたが。

登山の途中途中で元登山部のK谷くんの指揮で休憩を合間に入れる

緩い坂とはいえ、おっさんの体ではキツイものがあったので、
適当な時間に適切な指揮を執ってたK谷ъ(゚Д゚)グッジョブ!!
おかげで隊もばらばらにならず団体で登れたかな

そんな途中、登っていくと非日常的な景色が目に飛び込んでくる


地球って綺麗ですね こんな景色初めて見ました
そりゃあ初めて2000メートル以上のところから(飛行機をのぞく)
下界や空を眺めたものですから。いろいろと心がときめいていたと思います
意外に「あっちらへんが富士の樹海かな」とかおもってたかもw

5合目までは半袖でちょうど良かったのですが、登るにつれ、
気温は下がり、さらに宿近くの8合目過ぎるとさすがに酸素ががが…



それにしても一般登山者に比べ、QUCCの人間は
ウインドブレーカーやスニーカーで登山してて
山なめすぎワロタw まれに登山客が軽装で登山する
自分たちを見てびびってたww しかもチャリのヘルメットかぶって
登山してるしね、もう… さすがチャリ部!

途中登山渋滞を起こしながらも、5時間くらいかけて
毎年QUCCがお世話になってる元祖室(がんそむろ)に到着

到着したときはお腹ぺこぺこ、夕食が何でるか楽しみだったけど
7時に出された夕食のカレーが少なすぎて泣いた
ちなみに容器は水を使わなくていいようにプラスチックの容器でしたね
軽いしまとめやすいし、メリットが大きいんだろうな

夕食後はすぐに寝る準備 と言うのも朝の起床が翌朝の2時半

2時半  ( ゚д゚)エッ?

( ゚д゚ )

起きられないだろww と言わせないためにも早めの就寝と言うことで
午後8時には布団の中にくるまりました
あ、はい、くるまりましたよ。寝なかったけどww
というのも布団が寝袋みたいに狭いし、酸素薄くて息苦しいし、
隣で寝てる1年生に蹴られるし、お腹が減って目が覚めるし、
明日はいよいよ富士山頂上だッ!って覚醒するしw
まだまだ僕の中身は子供ですw

といったところで宿までで終了

追記1
Q、登山で上に行けばいくほどたかくなるものなーんだ?

A、物価

/^o^\フッジッサーンツーリング 河口湖~富士山5合目

更新忘れてました\(^o^)/ 今更ながら書き終えたい(コピペしたい)と思いますww

8月23日 午前8時の出発をめどに朝準備して、出発前におじいさんに
行ってきますのご挨拶をしてから出発準備
昨日買った堅あげポテトを実験に持参w

一応ユースホステルの山道荘の前で記念撮影

ホントに俺老けたな…もうおっさんじゃないか…
まぁもうおっさんって割り切ってるしいっかw

そしていよいよ富士山ツーリング大詰めの富士スバルライン入口を通過!


そしてチャリに乗ると意外に暑くなるので一旦上着を脱いでいざ5合目まで

あーわかいなぁ、イイナ-(棒

基本的にはなだらかな坂をひたすら25㎞ぐらい上る簡単なお仕事です
たまに10%近くの急勾配もあったと思うけど、
耐えて上ればそこまできついわけではなかったかな。



休憩所で一休みしながら1年生の顔を伺ってみたけど、
みんなそんなにきつそうじゃないみたい。
まぁ福岡からここまで来た猛者だしさすがだな!


銅でもいいけど山の天気は変わりやすいと言わんばかりに、
3合目まで普通に晴れていたのに、4合目手前に入って
いきなり水分を含んだ霧(雲)に視界を遮られたと思ったら、
5合目手前でまた快晴。なにこれワロタ

3合目

4合目

5合目

時間にしてだいたい2時間弱で5合目に到着
早い人は自分より遅く走り始めたのに、さっさと上って先に
休憩してる1年生も居ましたね まぁ自分はのんびり景色を眺めながら
サイクリングしてましたね。実に楽しかったです


後は5合目のお店で腹ごしらえをして登頂の準備


それにしても富士山メロンパン食べてみたかったなぁ
売り切れとか止めてくれよぅ…

とここら辺で5合目の内容終わり
次は登頂について書きますが記事書くのって大変
すべて写真で流れを示したいw だってこの記事の内容自体糞だしw
まぁまたいつかノシ

追記
before

after 1

after 2