新歓ツーリング【今年の予告】

菅くんが書いてくれていますが、QUCCは毎年ゴールデンウィークに「新歓ツーリング」なるものに出かけます。
2008年度の新歓ツーリングは

5/3 福岡出発~山鹿市サイクリングターミナル
5/4 山鹿市サイクリングターミナル~九大山の家(@九重)
5/5 九大山の家(@九重)~九大山の家(@九重)
5/6 九大山の家(@九重)~福岡着

という行程になっています。
「なんや長いな~」と思っている人も多いかもしれません。
「なんだかキツそうやな~」と思っている人もいるかもしれません。

新歓ツーリング下見1日目
新歓ツーリング下見2日目
新歓ツーリング下見3日目

下見ルートだと
5/3: 約100km
5/4: 約80km
5/5: ?(コースによって変わってくる)
5/6: 約130km
( ̄□ ̄;)!!
確かに長いように見える!特に最終日!
しかし!意外とそんなことはありません。
というのも、”ママチャリ”でいくわけではないから!
そして最終日はほとんど下りだから!
“ママチャリ”とスポーツタイプの自転車を一緒にしてはいけません!
軽さ、ポジション、ギア比の広さが違います。
軽いしピャーっとスピードが出てしまう。
ポジションがママチャリと違って楽なポジション。だから長時間乗っても疲れない。
ギア比が広い。だから上り坂があったとしても問題ない。多少きついかもしれませんが。

スピードが出ると書きましたが、
普通のママチャリだと12km/hくらい。
マウンテンバイクだと20km/hは軽く。
ロードバイクになると30km/hは余裕。
ロードレースのプロ選手になると、平地で50km/hは楽勝で出ます。

100km÷20km/h=5h
なんと、5時間くらいで100km走れてしまうのです!
体力に自信がなくても、実際そのくらいのスピードで走れるのです!
「自転車だから」と言ってなめられては困ります(笑)

次回、私は自分の新歓ツーリングの時の思い出について書こうかと思います。

広告

新歓ツーリング下見 ~三日目~

3/25(火)
九大山の家~福岡

下見最終日。
今日も頑張っていきましょう。

dscn0252.jpg

一気に山を下ってきました。
地図を見ながら、初めての道を行くのも旅の楽しみです。


dscn0253.jpg


dscn0254.jpg

有名な『九重”夢”大吊橋』です。
写真では伝わりにくいのですが、とても大きな橋でした。
橋が見えた瞬間、思わず興奮してしまいました。
実は、僕たち橋を渡っていません。
新歓ツーリングの時にとっておこうかと(笑)。


dscn0255.jpg

ツーリング中には面白看板に逢うこともあります。
とてもさわやかでした。
食事中の方、申し訳ございません。

朝は晴れていたのですが、

dscn0256.jpg

段々と雲行きが怪しくなってきました。

最後の最後で雨が降ってきましたが、すぐに止んだので助かりました。
みんな無事故で帰ってこれて何よりです。

neverending.jpg

ツーリングから帰ってくると、いつも思います。
普段何気なく通って全く気にならない正門ですが、ツーリングから帰ってきた時は正門を見るとホッとします。
ツーリングに出ると、いつもとは違う物の見方・感じ方が出来ます。
ツーリング中にあった出来事をみんなで話し合う時は、とても盛り上がります。
そしてまた旅に出たいな、と思います。

今日の走行距離:約130km

新入生の皆さん、自転車はどうですか?
下見の写真を見て、ワクワクしませんでしたか?
実際に見ると、もっとワクワクしますよ。
自転車は誰にでも楽しめます。
運動の得意・不得意、性別は関係ありません。
楽しそうだな、と思うだけで充分です。
あとは、実際に乗るだけです。
自転車はお貸しするので気軽に遊びに来て下さい。
サークル棟の1階で待ってます。
新しい世界の扉を開けてみませんか?

dscn0230.jpg

新歓ツーリング下見 ~二日目~

3/24(月)
山鹿サイクリングターミナル~九大山の家


dscn0216.jpg

今日は晴れて良かったです。
素敵な看板を見つけたので、思わず撮ってしまいました。


dscn0217.jpg

サイクリングターミナルの外観です。
さぁ、出発です。

スタートして、国道325号を走るとすぐにこんな面白いものがありました。


dscn0220.jpg

今日のお昼もラーメンです(笑)。

dscn0223.jpg


dscn0224.jpg

でも今日は『熊本ラーメン』です。
こってり度は昨日のラーメンには及びませんが、こちらはこちらで美味しかったです。
ただ、福岡では当然の『替玉』がここに無かったのが残念でした。
替玉は福岡だけのものなのでしょうか?

本日のメインディッシュ『坂道』です。
国道387号を抜け、県道45号に入り、菊池渓谷へ。

dscn0225.jpg


dscn0226.jpg

ブルーの自転車は『クロスバイク』と呼ばれるものです。
普段の通学からツーリングまでオールマイティにこなす自転車です。
ブラックの自転車は『ロードレーサー』と呼ばれるものです。
とにかく速く走るために生まれた自転車です。


dscn0229.jpg

上りはきついです。
でも、上った分だけ高い所に行けます。
後ろを振り返ると、こんなに上ったんだ、と実感できます。

菊池渓谷(県道45号)を抜け、菊池阿蘇スカイライン(県道12号)へ。

dscn0232.jpg


dscn0234.jpg

『スカイライン』と言うだけあって、行けば行くほど空に近付いていく気がします。

菊池阿蘇スカイラインからミルクロード、県道45号を経て、県道11号へ。


dscn0241.jpg

案内図内の『山のマーク』は何を意味するのでしょうか?

とうとうここまで来ました。

dscn0243.jpg

最後の上り坂です。
とても上り応えがありました。
最後の坂に相応しかったです。
仲間がいたから諦めずに上ることができました。
みんな、待たせてばっかりでごめん。

dscn0245.jpg

僕のお気に入りの一枚です。
こういう景色が見れた時は、頑張ってきて良かった、と心から思います。
きついことの後に素敵な景色が待っていることを知っているから、頑張れるのかもしれません。
僕にとって、美しい風景と達成感は最高のご褒美です。

この辺りは温泉街だったみたいです。
走り終わった後の温泉は気持ちいいですよ。

dscn0247.jpg

この自転車は『マウンテン』です。
僕の愛車、GaryFisherのwahooです。
マウンテンはフロントにサスペンションが付いているので、悪路に強いです。
もちろん、山道だって走れます。
クロスバイクやロードレーサーに比べると重いですが、その分タフです。
このようにリアにバッグを提げて走れるくらいです。
(クロスバイクでも出来ますけどね)

自転車にはたくさんの楽しみ方があります。
お気に入りの自転車で好きなことをする、とても楽しいですよ。

今日の走行距離:約82km

新歓ツーリング下見 ~一日目~

3/23(日) 六本松キャンパス~山鹿サイクリングターミナル

まさかの雨でした。


dscn0200.jpg

御覧の通り、生憎の天気です。
パラパラの小雨でしたので、山鹿サイクリングターミナルへ向けて、出発しました。
段々と雨が強くなってきましたが、それでも走り続けました(笑)。

予定のルートから少し逸れてしまいましたが、美味しそうなラーメン屋を発見したのでそこで昼食をとりました。


dscn0204.jpg

『大盛ラーメン』を頼んだはずが、出てきたのは『並盛』でした。
すぐに店員が気付いたので、取り替えてもらいました。
(もう少しで並盛を食べそうになりました)
こってりとした豚骨味がなんともたまりません。

目的地間近でやっと雨が上がりました。


dscn0205.jpg

随分と遠くに来たものです。
新入生の皆さん、心配しないで下さい。
遠そうに思えても、自転車なら意外と走れますよ。


dscn0207.jpg

今日一日、お疲れ様でした。
明日は晴れることを願います。

今日の走行距離:約100km

新歓ツーリング【下見】

QUCCの皆様、新入生の皆さん、こんにちは。

新二回生の菅(スガ)です。
ゴールデンウィークに行います『新歓ツーリング』の下見に行ってきました。

日程:3/23(日)~25(火)
行程:福岡~山鹿サイクリングターミナル(熊本)~九大山の家(大分)~福岡
走行距離:約310km

dscn0245.jpg

新歓ツーリング下見1日目
新歓ツーリング下見2日目
新歓ツーリング下見3日目

九州一周【予告】

5年ごとにQUCCでは九州一周というイベントを開いており、創部35周年を迎える今年、その壮大なイベントが開催されます!
この下見に3/29-30で行ってきます。
下見の状況は行った後で上げるとして、まず、九州一周についての概要をば。

「九州一周」とは…
自転車に乗り、一番海に近い国道で九州をリレー形式で一周。
総走行距離1500kmというイベントです。
開催時期としては2008年9月13日から15日の予定。
3チーム(予定)+OBチームに分かれ、それぞれのチームの九州一周にかかった時間の合計を競います。
3チームがA, B, Cだとすれば
1日目: 5人くらいのAチームのうち一人が交代しつつ福岡-宮崎まで走る。
2日目: 別の5人がAチームとして同様に宮崎-阿久根間を走る。
3日目: また別の(1日目と同じでも可)5人がAチームとして同様に阿久根-福岡間を走る。
同様にB, Cチームも走り、それぞれの合計時間を競います。

大学生にしかできない、このとてつもないアホなイベント。
大学生だからこそできる、こんなアホなイベント。
一生に一度しか無いであろう大学生生活だから、こんなこともやってみたい、という遊び心から出来たイベントだと私は思います。
運営ならびに実際に走るのは非常に大変ですが、それだけの価値はあるイベントではないでしょうか。

blog開設

2008年度QUCC主将の分山です。
QUCCの活動についてのblogを開設しました☆
QUCCの活動内容についてはQUCCについてをご覧ください。年間スケジュールも載せてあります。
ちょくちょく行事ごとに更新していきます。
wordpressという、もともと英語のサービス(日本語対応)を使っているので読みにくいかもしれません。ご了承ください。