【超ゆる】牡蠣ツーリング2019

皆さんこんにちは。関数電卓を水没させた井上です。

先日19日にチャリ部最ゆるイベントである牡蠣ツーリングに行ってきました!

志摩のイオンに集合した一行。牡蠣小屋は飲み物持ち込み可能なのでここでドリンクを調達します。アスリート佐藤を除いてみんなコーラを買いました。

イオンから20分ほどのサイクリングで牡蠣小屋に到着。近づくだけで磯のかおりがすごいです。

あまたの牡蠣小屋からベストを選び出すのは一回生の仕事。選択を誤るとイベントが台無しになってしまうので責任重大です。平田の好きな色が青だったので青色ジャケットの小屋に決定しました。

店員さんの指示に従ってスタンバイ。とりあえずセットメニューを注文して焼き始めます。

しかし誰一人牡蠣の正しい焼き方を知らないというクソ状態が発覚します。まあ牡蠣なんか年一でしか食べないので仕方ないと言えば仕方ない。

ネット情報とメニュー表の裏の「カキの焼き方」を参考にしながら入念に加熱。

ここで脳裏に浮かぶのは去年のトラウマ。「食中毒ガチャ」の異名を持つ牡蠣ツーリング。僕は昨年見事SSRを引き当てテストを寝飛ばしました。(普通は大丈夫です)

おそるおそる実食。

 

うまぁ~い(^q^)

Fin.

 

焼き牡蠣以外にも牡蠣汁や牡蠣飯。牡蠣以外にもイカやフグ、イワシなどの一夜干しやホタテなどなど新鮮な海の幸を炭火でいただきました。うまぁ~い。

満腹になったのでちんたら自転車のって帰りましたとさ。めでたしめでたし。

井上

広告

ユーラシア大陸横断記③

こんにちは4回生あかしです。前回の続き書いていきます。

 

Zermattでアクティビティを満喫したあかしとマサキ君の二人は、それぞれの目的地を目指すべく麓の街Vispにてお別れです。

 

一緒にいた4日間いちゃいちゃ料理を作ったり洗濯をしたりと非常に楽しかったです。一人旅は好きですが、仲間とワイワイする旅もまた違った楽しさがありますね。

 

別れを惜しむのも束の間、一路フランスを目指します。

スイス、レマン湖畔のブドウ畑。世界文化遺産。

フランスと言えば、ツールドフランス!!!という訳で、今までテレビで見ていた美しいツールのコースを走れるのを心待ちにしていただけに、ペダルを踏む足にも力が俄然入ります。

ガリビエ峠2642m

ラルプデュエズの路面のペイント

因みにふもとの町ブールドワザンからラルプデュエズのゴールまで13.8kmの最速記録は、1997年にマルコ・パンターニが記録した37分35秒。ということは平均時速22km超。

あかしのタイム2時間33分39秒平均時速5.6㎞!!なってこったい!

ガリビエとラルプデュエズ同じ日に上ったのできつすぎて帰ろうかと思いました。

フランスではお城とか遺跡とかもたくさん訪れたんですけども。印象に残っているのはなぜかいつも山とか海とか空とかです。

あと、ワインが安くて毎日のように飲んでました。しかし、コルクを一度あけちゃうと飲み干すしかないので森の中で毎晩ひとりで酩酊してましたね。ぼっちつらい。

 

さてフランスをぼちぼち満喫し、次に目指すはピレネー山脈ど真ん中、アンドラ公国。

小さい国なのですが国土のほとんどが山。どっちに走っても坂しかない自転車乗りにとっては天国のような街です。MTBで有名なコメンサルはアンドラのメーカーですね!

なんでこんな国にわざわざ立ち寄ったかというと三大グランツールの一つブエルタ・ア・エスパーニャの19、20ステージを観戦するため!

全21ステージある中で最終ステージはマドリードでのパレードランなので、私が見た20ステージが実質最終ステージ。厳しい山岳コースを各チームエースが総合優勝を狙ってバチバチ戦う激熱ステージをまさか生で観戦できるということで血沸き肉躍るといった感じです。

さて、そんなコースを観戦するためには山を登らなければならない訳なんですが、クッソしんどかったです。周りをみてもガチローディーばっかりでキャリアにサイドバッグ装備して観戦しに来ているのは私くらいなもの。沿道や追い抜いていく人からAllez Allez! Venga Venga!!と声援を受けまっくてさながらプロ選手気分でのヒルクライムでした(5km/hくらいで)

20ステージゴール前200mを全力でかけかけあがるあかし。荷物は投げ捨てた。

いざ観戦。

前からサイモン・イェーツ、ティボ・ピノ、クライスヴァイク

正直選手が通過するのは一瞬で何が何だかといった感じでしたが。あの熱狂と興奮の雰囲気は文字ではとてもでは伝えきれないものがありますね。いつもテレビで見てる推しアイドルのライブに来た感覚とかに近いのかもしれませんね。知らんけど。

 

ブエルタを満喫してこの度でやりたかったことはほぼやり切ったせいもあって残るスペイン、ポルトガルは力尽きて8割がた輪行しました。飛行機ちょっと早く予約しすぎましたね。海鮮がおいしかったのとフランスとかドイツと違ったラテンな雰囲気?が印象的でした。

しかし、スペインの内陸はひたすら荒野って感じで自転車で走るのは結構きつかったですね。北側のスペイン巡礼のルートは自転車でも巡礼認定されるみたいなので誰か行ってみて感想教えてください。

やったぜ。

ということでユーラシア最西端ロカ岬!

最高の夕日を拝むことができました。

ウラジオストクを出発して47日、電車で10000㎞自転車で4100㎞でユーラシア横断達成しました。

ほとんど電車になっちゃいましたが自分にはこれが精一杯かなと思います。

 

私は今年で卒業ですが、未来の後輩が全自走ユーラシア大陸横断とか世界一周とか成し遂げてくれるのを楽しみにしてます。

 

それではまた。

 

ユーラシア大陸横断記②

こんにちはあかしです。

前回の続きからです。

ポーランドの単調さに飽き飽きしたので電車でドイツに突入。

 

国境を越えた瞬間、駅舎が一気に綺麗になりました。

物価もここで爆上がりです。つらいです。

もちろん運賃も倍増しました。ここからは倹約しなければ。。。

 

 

ドレスデン着

実はわたくしドイツ語が少しだけ話せます。

地元の人と母国語で交流出来るし、看板の文字も理解できるしでテンションアップ。まぁドイツ人は大抵英語ペラペラなんですけどね。

 

いちいち各国でSIMカードを買うのが面倒になったのでEU圏で使えるというカードを求めてVodafoneショップへ

 

どや顔でドイツ語でコミュニケーションを図ろうとしましたが、カードの説明をバーっと話されて何を言っているのか全然聞き取れませんでした。結局英語で対応してもらいました。ドイツ人すごい。

 

 

さてドイツを走ります。

また、自転車の走る場所がしっかり指定されえているので走りやすいです。

特に右折車線と直進車線の間に自転車の車線が設けてあるのはとても走りやすかったですね。

東西ドイツの国境。田舎ばかり走ってました。

 

途中輪行を挟みながらオーストリア、リヒテンシュタインとドイツ語圏の国を楽しみました。

この辺りはお天気がピリッとしない感じで写真もあまり取れてないですね。

 

印象的だったのは、ビールがとても安くて毎日のようにいろんなビールをソーセージと一緒に飲みまくったこと。とても幸せでした。

 

調子に乗って3本も購入。この後めちゃくちゃ酔っぱらう。

 

リヒテンシュタインからスイスに入国。通貨がスイスフランに。

物価がさらに爆上がり。マックのハンバーガー一つで350円くらいします。

スイスのキャンプ場で洗濯干し

西欧に入ってから宿の値段もかなり高くなったので基本野宿。たまにキャンプ場に泊まって充電したりお洗濯したりしてました。

 

 

道もろくに調べずにスイスを走っていたのですが、死ぬほど山を登れて幸せでした。(2000~3000m級のの山が平気でポンポン出現するのでよい子のみんなはちゃんと道は調べていきましょう。)

 

 

また、ドイツ、スイス辺りにはサイクリングロードがかなり整備されているのですが、未舗装のところがかなり多かったです。走っているひとも大体がMTBといった印象でした。

ダートで15%の登りとかは流石に押して歩いてしまいました。(その横を平然で通り過ぎるE-Bikeのおじさまの顔は忘れはしません。)

雨、寒さ、ダート、登り、と色々重なったこの日が一番つらかったかもしれません。

 

余裕で心が折れたので輪行してマッターホルンのお膝元Zermattへ

 

ここで岡大チャリ部OBにして元同期であるマサキくんと合流。

 

4日間ほど滞在してMTBでのDH、スノボ、登山と二人で満喫しまくりました。

 

リフトや山岳鉄道で3000mUPまで上ることができるのでアクテビティが捗りまくり。アウトドア好きな人からすれば天国の様の場所でした。(なお物価は、、、)

死ぬまでにまた来たいです。

レンタルしたバイクでDH。2時間くらい下りっぱなし。

 

ブライトブライトホルン登頂。標高4164m

 

今回はここまで。で完結する予定です。

 

 

ユーラシア大陸横断記①

こんにちは4回生あかしです。

 

47日かけてユーラシア大陸横断してきました。

 

昨年の夏の東南アジア、韓国ツーリングから帰ってきたあたりから、「就活が早く終わったらヨーロッパでのんびりツーリングしたいな」とずっと考えていたのですが、気づいたらなぜかロシアの東の端の街、ウラジオストク行きの飛行機を予約していました。ほんとは境港から船で行きたかったんですけど満席でした残念。

8月5日。帰りの飛行機は予約することなく出発。

 

SNSで「ポルトガル目指します!!」と宣言したものの内心「まぁめんどくさくなったり金がなくなったら途中の適当な空港から帰ればいいや」位の軽い気持ちでツアーしてました。旅の計画を立てるのは大の苦手です。

 

さていよいよツアーが始まるわけですが、のっけからウラジオストクからモスクワまでシベリア鉄道に乗って7日間かけて9000㎞くらい輪行しました。これが辛かった。

7日間過ごした部屋。今となってはいい思い出。

 

ただ7日間同室だったスキンヘッドのいかついおじさんと車掌さんにはとてもお世話になりました。この二人がいなかったら心が折れてましたね。景色全然変わらないし。

 

けどまぁもう2度と乗りたくないです。1度でたくさんです

 

※ちなみに私が乗車したシベリア鉄道099号は貨物列車がなかったので自転車を載せるのはまったくもってお勧めしないです。

 

 

無事モスクワに到着したのち2日間ほど滞在して観光を楽しみました。

赤の広場

モスクワではご縁があってジャーナリストのデニスさんのお部屋に2日間泊めていただきました。80か国以上を自転車で旅した経験を持つ猛者でロシア料理を振舞ってもらったり街を案内してもらったりと至れり尽くせりでした。朝から当然のようにウォッカをグビグビ飲んでてすごかった(こなみ

 

デニスさんと教会巡り。酔ってます。

 

8月16日いよいよ自転車で西へ。最初はベラルーシを通ってヨーロッパを目指そうと思っていたけどビザがないと入国できないとのことで断念。いろいろ迷ってバルト三国を経由することにしました。ラトビアとの国境まで600㎞程の道のり。

ロシアの広大な大地を4日間かけて満喫しました。正直飽きました。

 

ひたすら続くロシアの道

途中の宿でグリズリーのはく製を見せてもらいましたが、遭遇したらおしっこちびりそうなくらいなサイズ感でした。出会わなくてよかったです。

 

さて、いよいよロシアからEU加盟国であるラトビアへ入国。

陸の国境越えにいい思い出が一つもない私ですが(スマホを落としたり、賄賂を要求されたり…etc)今回は、ウラジオストクからポルトガルを目指しているという話をしてドン引きされただけで済みました。

EU圏に入ったということで劇的に環境が変わるのかなと思っていましたが、もともとソ連だったというのもあってかそこまでの変化は感じられませんでした。

 

ラトビアの街でルーブルをユーロに両替してSIMカードも新しく調達して意気揚々と出発。

リトアニアを経由してポーランドを目指します。

道中はダートに大苦戦。そこそこ太い道を通ってるつもりなのに未舗装路が多くて思うように距離を稼げず。まぁ田舎の方がテントを張る場所にも困らないしいいんですけどね。

野宿の様子。ツアー費用節約に大活躍してくれました。

しかし、宿に泊まっても10€以下で済むこの辺の物価は今思えばかなり恵まれていたと思うのでもっと豪遊すればよかったです。

 

道中でちょこちょこ観光を挟みながら特に何事もなくポーランドまで進めました。

リトアニアの首都Vilnius旧市街。世界遺産です。

 

ポーランド入国して

・通貨が独自のズロチな上になかなか日本円から両替してくれるところがない。

・SIMカードはショップで登録をしないと使えない。

・ひたすら牧草地で景色が全くもって変化しない。

 

と色々面倒なことがありましたが、首都ワルシャワまでは頑張って向かいました。

ワルシャワの中心

しかし、ネットが使えない景色も変わらないという状況にいい加減うんざりしたので輪行することを決意。モスクワからここまで峠をひとつも登ることもなく単調な道ばかりだったので山に飢えていました。

ヨーロッパは自転車を分解せずにそのまま載せることができるためとても便利。これを利用しない手はありません。

 

というわけで輪行して一気に西へ。

途中のヴロツワフまで偶然隣の席だった現地のサイクリスト、ピーターさんと意気投合しおうちに泊めてもらいました。

朝ごはんお米を炊きました。

翌朝、彼の口から「昨日の夜ずっと考えていたんだけど、俺も一緒に旅をしてみたいんだ。もちろん迷惑じゃなければ。」という言葉が。

結局、装備が不十分で迷惑をかけそうだということで断念することになったのですが、「もう会社に休みをとるメールしといたよ」とか言っていたのでかなり本気で同行するつもりだったようです。なんという行動力。。。

 

その日は半日かけて彼の故郷でもあるヴロツワフを案内してもらいお別れしました。いつか日本に遊びにきたらもてなしてあげたいものです。

 

今回はこの辺で。次回へ続きます。

ツール・ド・おきなわ 2017 沖縄旅行編

最近Di2にしたくなってきました。三回生のあっくんです。

 

あまりにも更新がなさ過ぎたためにこの間参加した

ツールドおきなわ2017の記事の執筆依頼が来たので備忘録も兼ねて

綴っていきます

 

・ツールドおきなわとは

沖縄北部で行われる日本最大級のサイクルロードレース&サイクルイベント

UCI管轄のプロレースだけでなく、距離及び年齢ごとのカテゴリに分けた市民レース部門と

様々なコース設定がされたサイクリング部門がある。

 

・市民レース部門とは

その名の通り我々ホビーレーサーが参加可能なレースで、交通規制を行い沖縄北部を巡る大規模なレース。

11月でも気温は25℃以上(時には30℃)にも達し、まさにシーズン最後の決戦にふさわしい舞台で

210km、140km、100km、50kmと距離別にクラスが分けられ

平坦メインのスプリントレースである50km部門を除けば

山岳、厳しいアップダウンが続き、長時間に及ぶレースの為単純な脚力だけでなく

補給のタイミングやその選定、最後まで走り切るペース配分など

総合的な実力が必要とされる国内屈指の難関レース

コース上には「関門」が設けられ、厳しい時間制限をクリアした上で走り切る必要があり

完走すら一つのステイタスとなりうるほどの物

 

とまぁダラダラと説明をしたところで、日曜のレースに合わせて

I先輩と共に木曜から現地入りするという圧倒的意識の高さ()を見せつけ

4泊5日という大胆な日程によって書くことが多すぎるので

現地入り→レース前日までの沖縄旅行編

レース→翌日のレースと帰宅編に分けて書くこととします。

 

 

福岡空港からスカイマークを使って一路沖縄へ

平日の昼間なだけあって航空券は爆安で片道5500円。

自転車も追加料金なしで積める圧倒的な優しさに震えながら旅立ちます。

IMG_20171109_143724.jpg 縺ョ繧ウ繝斐・

着陸の為に高度を下げ始めた期待の窓から見える眼下の景色は

青い海が美しいまさに南国といったところ

DSC_0045_5.JPG 縺ョ繧ウ繝斐・

一時間半ほどで到着

車体を受け取ったら自走でまずは宿へ向かいます

IMG_20171109_165407.jpg 縺ョ繧ウ繝斐・

初めての飛行機輪行に使ったのは同期のラーメンマンから借りた

OSTRICHのOS-500

厚いクッションと圧倒的な収納空間に感動しました

ちなみに念のためRDは外してパッキングしています

 

 

外に出た時点で感じていたのは気温の高さ

最低気温が22℃程度なこともあって終始半そで半ズボンで快適でしたよ

 

宿に到着後はジャンキーな飯を求めて国際通りのA&Wへ

IMG_20171109_185613.jpg 縺ョ繧ウ繝斐・

飲むサロンパスことルートビアに完全敗北しました(´・ω・`)

???「体にダメージがないからでは?」
なるほどその通りかもしれません

この日はスヤスヤと快眠

 

 

翌朝は5時に起きて朝ご飯タイム

IMG_20171110_110257

サーターアンダギーを食べる僕の横で先輩は

IMG_-jq7ej0.jpg 縺ョ繧ウ繝斐・

カーボローディングのためにパスタを200g食ってました、強い

 

6時には宿を出発してサイクリングへ

IMG_20171110_060604.jpg 縺ョ繧ウ繝斐・

25kmほどアップダウンをこなしながら走って知念岬公園へ向かいます

やたらインスタ映えしそうな「ニライカナイ橋」もgood

DSC_0052_3.JPG 縺ョ繧ウ繝斐・

公園では一ミリも理解できない謎のモニュメントを鑑賞しつつ

IMG_glk8o6

DSC_0053_3.JPG 縺ョ繧ウ繝斐・

帰りは盛大に道に迷いながらレンタカー屋へ向かいました

 

車に車体を積み込んでレースコースの下見を行うために名護へ

 

高速を降りて海岸線を走っているところでなんとプロチームのニッポー・ヴィーニファンティーニの選手とブリヂストンアンカーの選手を発見しました

IMG_6zvc5q.jpg 縺ョ繧ウ繝斐・

やっぱりプロの選手はオーラが違いますね、滅茶苦茶格好いい

IMG_em6pzv.jpg 縺ョ繧ウ繝斐・

 

朝のサイクリングで程よく疲れていた&天気が怪しかったこともあって

下見は全て車でぶんぶん

 

かの有名な自転車漫画で見た例の登り

e382b7e383a3e382abe383aae382adefbc81e38080e7acacefbc91efbc96e5b7bbe38080013.jpg 縺ョ繧ウ繝斐・DSC_0062_4.JPG 縺ョ繧ウ繝斐・

チャリとは馬力が違いますよ馬力が

 

圧倒的エンジン力によって軽々と登りつつコースを分析

基本的に斜度が緩く、平坦もあるため割と本番では力押しになりそうな予感

頂上ついて下ったらまたすぐガッツリ上りでその後もひたすら続くアップダウン

うわさには聞いていたけどマジで平坦がない……

これは登れる人間が強いなぁと思いながら

その後もきっちり下見して、羽地ダムのトンネル抜けて右折した直後の登りで絶望しつつ

つつがなく下見は終了

DSC_0066_2.JPG 縺ョ繧ウ繝斐・

ヤンバルクイナかな???

 

帰りは下道を使って明らかにヤバい挙動をする車に怯えたり

渋滞に巻き込まれながら帰りました

 

夜はこの日に現地入りした二回生のエースたるノウエと合流して

ソーキソバを食べることになりました

IMG_20171110_232832.jpg 縺ョ繧ウ繝斐・

ダシはあっさりとしつつもしっかりと旨味があって絶品

乗ってるソーキもトロットロで抜群に旨い

また食べたいなぁ

 

ちなみにお店の名前は「すばやー」

DSC_0074_2.JPG 縺ョ繧ウ繝斐・

くっそディープな雰囲気の通りにありました

22:00に開くお店なので酔っ払いが多かったりしてなかなかにカオスです

興味がある方はぜひ来年おきなわに出ましょう(‘ω’)ノ

 

食べ終わったころには日付も変わり

活動時間が20時間を超えていたので襲い掛かる睡魔に身をゆだねて

宿ではぐっすり眠りました

余談ですが湿度も高く寝苦しいので普通に冷房入れてましたよ、やばい

 

翌日、この日はいよいよ参加者全員集合の日

レンタカー屋でハイエースグランドキャビンなどという巨大すぎる車に乗り込み

半端なく可愛かった店員さんに「レース頑張って下さいね!(*´▽`*)」と応援され

気分が高揚しながら空港で合流しました

line_1510371004761.jpg 縺ョ繧ウ繝斐・

10人乗りは伊達じゃない!!!

あまりのデカさに駐車で死ぬかと思いました

昼ご飯は空港で再びA&W

DSC_0075_3.JPG 縺ョ繧ウ繝斐・

飲むサロンパス祭り

実はこっそり僕だけコーラ飲んでました()

 

腹ごなしをしたらレース受付の為に名護の会場へ高速道路を使って向かいます

しばらくすると広々として快適な車内環境も相まって

後部座席の皆さんはスヤスヤ

何とも平和に走っていたのですが、追い越し車線を「バン!バン!バン!」と

なにやら爆音を轟かせながら走る車が

追い越された時によく見てみると……

えっ!?タイヤバーストしてない!?!?!?

タイヤ片をまき散らし、蛇行しながら走る車も遂にスリップして我々のいる車線へカットイン

2e783e45

よけるためにハンドルを切ったら追突されると思い

うわぁあああああと叫びながら急ブレーキ

 

 

奇跡的に衝突せず、且つ後続が追突してくることもなく九死に一生を得ましたε-(´∀`*)ホッ

レースが始まる前に終わるところでしたよ……

二度とこんな目にあいたくないと思いつつ

バクバクしてる心臓をなだめながら

人生で一番命の危機を感じた瞬間を乗り越え、何とか会場へ到着

DSC_0078_3.JPG 縺ョ繧ウ繝斐・

前日から開催されているサイクリングイベントの方のゲートを発見

受付を済ませた後は企業テントをぶらぶら

DSC_0068_4DSC_0081_4.JPG 縺ョ繧ウ繝斐・

GOKISOホイールのレンタルとかもやってるらしいです、やばい

奥に見える車体は山の神、森本誠選手のものですね……格好いい

 

しばらくした後は夕飯を食べにステーキハウスへ

DSC_0083_4.JPG 縺ョ繧ウ繝斐・DSC_0084_5.JPG 縺ョ繧ウ繝斐・

あまりの旨さに震えました

お腹いっぱいステーキを食べたら本日の宿へ

ゲストハウスをまるまる一棟貸し切りというもの

ジャージと車体にゼッケンをつけたり、最終整備をしたり……

IMG_20171111_205905

おきなわの為に準備した決戦ホイールZIPP303

最近機材パワーが過剰な気がしてなりません

まぁ楽しいからいいのだ(*’▽’)

 

IMG_20171111_205541.jpg 縺ョ繧ウ繝斐・

ジャージはもちろんパワーを貰えるやつで(自分比5W増)

 

島村卯月ちゃんの笑顔が眩しい

ゼッケンを貼る位置にはいつも難儀しています

今回もバッチリ卯月ちゃんの笑顔が見えるように配置できました

 

しかし絶対的アイドル卯月ちゃんによってあんなことが起きるなんて…!!!

 

レース当日は4:30起きと早いので早々に眠ります。

果たしてレースはどうなったのか!?

卯月ちゃんが呼び寄せた奇跡とは!?

 

ツールドおきなわ2017 レース編はもうしばらくお待ちください(*’▽’)

次回に続く