【北海道ツーリング】その瑠璃色の湖は

9日目

今日の目的地は釧路です。

7時前から行動開始⊂(‘ω’⊂ )))Σ≡

とりあえずマ〇クに行って朝ごはん。

走り出して30分たった頃だろうか、突然大雨が!

晴れの予報 #とは

道も悪いです。

そしてパンク

は~(°~°)?????キレそう

 

 

実は富良野に行った際にも同じく前輪をパンクしており、チューブを使うのがもったいないなぁ…

そこでパッチを使ってみます。

初めての(自分のチャリの)パッチでしたが、このツーリングが終わるまで空気が抜けることはありませんでした。

昨日から中学生こと栗田が膝が痛いと言い始めました。

次の日には治ってると思いましたが、今日も痛いみたい。

3人でローテを回しながら海岸線を走ります。

帯広から40~50km地点には100mほどのアップダウンがいくつかあり、斜度はないものの体力を奪います。

アップダウン地帯を過ぎるとあとは平坦です!

ご褒美(?)にアイスをば。

釧路まであと20kmぐらいの所で霧が( ˘•ω•˘ ).。oஇ

ジメジメして気持ち悪いです。

 

中学生と森本は疲れたそうで釧路市街地へ。

自分はちょっと寄り道して釧路湿原の展望台に行くことに。

 

展望台、といっても博物館のようになっていて入場料450円を取られます。 

う、うん…

広い(小並感)

実はこの森を過ぎたところにも展望台がありますが、片道30分かつ熊鈴が必要とのことでパス。

さてさて博物館の方は…?

伝 説 の 魚 イ ト ウ

でけえ。

結構楽しめ、施設を出ると日はすっかり傾いています。

栗田たちの待つ市街地に向かいます。

 

さてさて夜ご飯

釧路といえば..?

そう炉端焼きです。

 

 

新サンマがとても美味しい。

このあと温泉に入って五つ星ホテルに行きました。

 

10日目

朝もりもとに起こされる(。゚ω゚) ハッ!

輪行して札幌に行くとのこと。

ここでもりもととはお別れです。

 

さて中学生栗田と二人旅です。

今日の予定は90kmもないコースで楽勝。

 

のはずでした….

なんとこのコース標高660mの摩周湖展望台が入っているせいでアップダウンが平坦に見えます(´^p^`)

おかげで2時間もしたらお疲れモードに_(:ェ 」∠)_

黙々とクランクを回します。

向かい風も吹いてきてかなーりしんどいです。

暴風吹き荒れる釧路湿原

そんなこんなで摩周湖の麓、弟子屈(てしかが)に到着したころには登る元気もなく…

ふとバスの時刻表を見ると

なんと30分後にバスがあるじゃないですか!!

駅に自転車をおいてバスに乗り込みます。

 

 

 

皮肉なことに

風が強かったせいか、霧が晴れ摩周湖の姿をはっきりと拝むことができました

摩周湖(ましゅうこ)は、北海道川上郡弟子屈町にある日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。2001年には北海道遺産に選定された。急激に深くなっていることとその透明度から青以外の光の反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この透きとおりよう

摩周ブルーに大満足し、駅に戻るとまだ3時。

キャンプ場までは10kmほどなので4時には着きそう。

 

キャンプ場の周りにお店がないため、弟子屈のセイコマで買い込みます。

 

湖畔キャンプ場….エモい….

今まで雨の中限界キャンプをしてきた我々にとって

天国以外の言葉で表しようがありません

 

そしてこのキャンプ場、なんと温泉付き……..

温泉に入って寝袋に入ります

ぬくぬk….

………………………

…………

……

..

 

 

(終)

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中